よくある質問

カードローンについてのよくあるご質問です。お客様からお問い合わせいただくご質問を掲載しております。

一般的にいくら位までなら借りられますか?

限度額は、年収の3分の1までと決められています。年収が300万円であれば、100万円が限度額ですね。これは、貸金業法により設けられた総量規制という規制によるもので、個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを指します。個人が事業用の資金とし、借り入れする場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

また、銀行系のローンは総量規制の適用外のため、年収の3分の1以上を借りることが可能です。ただ、貸金業者より審査がかなり厳しく設定されています。

カードローン会社を選ぶ基準は?

どこで借りるかを選ぶ際に最低限確認すべきポイントをご紹介します。まずどれくらいの金額が借りられるかの限度額、次にどれくらいの期間で融資してくれるか、審査と融資のスピードについて確認しましょう。

専業主婦や初めて利用する方であれば、低金利の銀行や無利息キャンペーンを行っている金融機関がおすすめです。まずは安心できる金融機関で借りるようにしましょう。

逆に、「ブラックでも借りられる」などを謳い文句にした会社には注意しましょう。ローンを組むのは比較的簡単ですが、金利が非常に高く、担保などを請求される場合があります。

カードローンとキャッシングの違いは?

キャッシングは、審査を通過したクレジットカードや金融機関のキャッシングカードを使い、ATMなどから直接現金を借りること。翌月一括払いで返済するお金の借り方のことを言います。

カードローンは、利用方法はほとんどキャッシングと同じですが、返済方法が一括払いではなく、分割払いができることが異なります。

ただし、実際にはキャッシングと呼ばれている内容でも返済方法がリボ払いなどの分割払いが可能になっているものもあるので、両者に線引きがなくなっている傾向にあります。

銀行系とノンバンクの違いは?

銀行系のキャッシングのメリットは、銀行だからこその安心感、信頼感があり、審査が厳しい分、金利は低く設定されていることです。デメリットとしては、借入れまでの期間が長い、審査基準が厳しいなどが挙げられます。

ノンバンクは、銀行以外の信販会社、消費者金融の金融機関のことを指します。ノンバンクのメリットは、審査が早く即日振込など入金までの期間が短い、審査基準も銀行系ほど厳しくないことで、デメリットは銀行系に比べると金利が高いことが挙げられます。

周囲にばれない?

申し込みはインターネットで完結するので、基本的に周囲の人に知られる心配はありません。在籍確認のために電話がある場合はありますが、貸金業者の社名を名乗って電話をかけてくることはなく、電話をかけてくる担当者の個人名でかけてきます。

どうしても電話NGなのであれば、金融会社によって内容は異なりますが、給与明細や社員証などを提示するなど在籍の有無を確認できる代替案を提示することで、電話を回避できることがあります。

周囲に知られたくないということは、金融会社も理解しています。まず一度相談してみると良いでしょう。

女性専用ローンって?

レディースローン、レディースカードローンとも呼ばれます。自宅からネットで申し込むことができ、女性専用ダイヤルがあり女性スタッフが契約完了までの対応をしてくれる女性のためのサービスです。 来店不要なので、人に知られたくない…と来店に抵抗のある女性の方も、安心して借りることができます。

また、カードローン会社によって異なりますが、女性専用ローンには15日間無利息、30日間無利息などの無利息期間があるのも特徴です。急な出費があった際などの強い味方です。

収入のない専業主婦でも借りられますか?

専業主婦の方でも家族に安定した収入がある場合は利用が可能です。また、自身がパートやアルバイトでも一定の収入があれば利用可能です。ただ、収入のない専業主婦の方で夫の同意書ない場合は、利用できるのは銀行カードローンのみとなります。それ以外のキャッシングを利用したい場合は、夫の同意書が必要です。

キャッシングは、女性や学生向けのプランなども増加しており、申し込みはインターネットで完結することができるので、まず審査時に電話で直接聞いてみると良いでしょう。

仮に5万円を借りたら利息はいくら?

お金を借りると当然利息がつきます。金融機関によって異なりますが、例えば、5万円を年率(金利)15.0%で10日間借りた場合、205円(5万円×15%÷365日×10日)となります。

1ヶ月であれば、616円(5万円×15%÷365日×30日)となります。 詳細の金額は、利用している金融機関に確認する必要はありますが、まずは自分で計算して、どれくらいの金額になっているか、だいたいの金額を日々把握するようにすると良いでしょう。

学生ですが借りられますか?

学生は、20歳以上でアルバイトなどによる定期的な収入があれば、利用することが可能です。ただ社会人とは違い、限度額は50万円以下が基本となります。それ以上の金額が必要な場合は、収入証明書が必要です。

収入証明書は、どの会社からいくら収入があるのか示す勤務先の給与明細書や源泉徴収票などを指します。また、他社の利用残高の合計が100万円を超える場合は、収入証明書類が必要になる場合があるので注意しましょう。金融機関の中には、学生専用のプランを用意している会社もあるので、探してみると良いでしょう。

フリーターですが借りられますか?

正社員ではなく、アルバイトやパートで生計を立てているフリーターでも、定期的な収入があればカードローンの申し込みや審査は問題ありません。どの会社でも共通の事は借入に対して、返済能力があるかどうかが問われます。

お金を借りる時は、どう返すかしっかり返済計画を立てて、計画通りに返済できるようにすることを意識する必要があります。後から返済期限が給料日の前日だったため、お金がなく返済ができないというようなことにならないよう返済日を確認しておくことも重要です。


コンテンツ一覧

  • はじめて講座
  • カードローン診断
  • ATM・店舗検索
  • よくある質問集