今からスマホ申し込みで最短朝一融資可能も!

主婦はどこでお金を借りれば良い?カードローンの利用条件について

主婦でもお金を借りたいということがあるかもしれませんが、法律により総量規制というものが導入された後、消費者金融各社は、基本的には年収の3分の1しか貸付が認められなくなりました。
総量規制の対象外となる銀行系のローンもありますが、本人に収入があるか配偶者に収入があることなどが条件となっています。

主婦としてお金を借りることはできる? できない?

自身の収入があるか、夫の同意や収入があるかどうかといった、主婦がお金を借りるのを想定した場合に出てくるいくつかのケースについて、それぞれどういった形になるか確認してみましょう。

働きに出ている主婦の方

収入があれば、ほとんどの方が利用出来ます。たとえ小額でも安定して稼いでいれば信用も大きくなります。利用できる業者は、賃金業者や銀行系のカードローンなど、全般です。 また、パートや、アルバイトでも同様に安定した収入があれば借り入れは可能になります。

専業主婦で夫の同意を得ている方

「配偶者貸付」というしくみを使って利用することは可能です。これは総量規制によって借り入れが難しくなった主婦のために誕生したような制度。自身と夫の年収を合算した上で、その年収の3分の1までは借り入れができるというものです。

専業主婦で夫の同意もない場合

先に挙げた総量規制の問題により、借入はできません。悪質な業者などはそれでも貸し出せると言ってくるかもしれませんが、厄介なトラブルに陥りますので気を付けましょう。

こちらを確認すればおわかりの通り、主婦が借り入れをするには、自身に収入があるか、夫との収入合算による配偶者貸付しか利用できないことになります。
収入がないのに内緒で借り入れ、ということは実質できません。もしどうしても必要になったら、夫を主体として借り入れを行ってもらうか、以下で説明する配偶者貸付の制度を利用しましょう。

配偶者貸付で借り入れる場合の手続き

主婦が配偶者貸付を利用しようと思ったら、以下のような書類を用意して申し込む必要があります。

・配偶者の同意書

配偶者が貸付に同意していることを証明するための同意書です。同意書には、配偶者の住所や連絡先、勤務先、他社の借り入れ状況などについても記載します。

・収入証明書

給与明細や所得税の確定申告書、年金証書など、収入が証明できる書類です。いくつか種類がある中の1点を提出することになるでしょう。 自身と配偶者、どちらの証明書も用意する必要があります。

・婚姻関係の証明書

配偶者とする人がきちんと婚姻関係にあるかを証明する書類が必要です。これは住民票や戸籍謄本を用います。

総量規制のせいで主婦はお金が借りることができない、ということになってしまうわけですが、元々その条件を満たしていない状態で借りることには非常に大きなリスクが伴っていたわけです。
甘い言葉をかけてくる悪徳業者からの借り入れは避け、返済プランがきちんと立てられるのであれば、上に挙げたような方法で借り入れを行いましょう。

記事一覧



コンテンツ一覧

  • はじめて講座
  • カードローン診断
  • ATM・店舗検索
  • よくある質問集