闇金の被害にあってしまった場合の対処法 | 今すぐ借りる!カードローン.com

今からスマホ申し込みで最短朝一融資可能も!

闇金の被害にあってしまった場合の対処法

闇金で一度お金を借りてしまうと、法外な取り立てで被害を受けてしまうことがあるので、借り入れ先には注意が必要です。しかし、闇金だと知らずに借り入れをして被害に遭ってしまうこともあるかもしれません。

もし闇金の被害に遭った場合、どのようにして対処をすれば良いのでしょうか? 今回は、闇金の被害にあってしまった場合の対処法についてご説明します。

闇金は本来禁止されている暴力的な取り立てをする場合もある

貸金業法には、貸金業者の取り立て行為に関する規制が設けられているということをご存知ですか? 夜間の電話や訪問、自宅や勤務先への居座りなど、貸金業者が債務者の私生活を脅かすような取り立てを行うことは法律により禁止されているのです。

法律違反をすれば事業の存続に関わりますから、正式な貸金業登録業者である消費者金融であれば、暴力的な取り立てをすることは、まずないでしょう。

けれど、闇金のような違法業者では、暴力的な取り立てを行うこともあると言われています。闇金から借りたお金を約束どおり返済できなければ、昼夜関係なく自宅や会社を訪問し罵声を浴びされたり、家の前に暴力的な言葉が書かれた貼り紙を貼ったりされることがあるようです。また、闇金は本来であれば支払い義務のない家族に返済を要求することもあるかもしれません。

闇金だと知らずに借りてしまったらどうすればいい?

闇金の貸付はそもそも違法行為ですから、無効ということになり、返済する義務はありません。しかし、実際にはお金を返さなければ、しつこく取り立てをしてきたり、嫌がらせをしてきたりもするでしょう。

闇金にお金を借りてしまった場合には、弁護士をはじめとした専門家に相談すると良いでしょう。弁護士に代理人として間に入ってもらえば、闇金は債務者に直接取り立てができなくなります。

また、弁護士に頼めば、闇金に対して裁判を起こしてもらったり、警察に告訴状や告発状を出してもらったりすることも可能です。弁護士が介入した時点で闇金の方から引き下がることもあるため、まずは相談してみることをおすすめします。

貸付を行っているのが闇金業者かどうか見抜くポイント

貸金業者からお金を借りるときには、闇金でないかどうかを確認する必要があります。闇金は違法業者ですが、広告を一切出していないわけではありません。

テレビCMもしている業者や全国紙に広告を出している業者は比較的安心できますが、それ以外のスポーツ新聞や雑誌(アダルト系、パチンコ系)などには違法業者も広告を出していることがあります。

「ブラックの方でも借りられます」、「他社で断られた方でもOK」など、普通の貸金業者ならあり得ないような条件をアピールしていれば、闇金である可能性は高いと言えるでしょう。

また、正規の登録業者であれば、必ず貸金業の登録番号が付いていますから、広告を見るときには、登録番号が記載されているかどうかをチェックするようにしましょう。虚偽の番号が記載されているケースもありますから、金融庁のホームページで確認すれば安心です。

闇金からお金を借りてしまう前にしっかり考えよう

もし民間業者から借りる場合には、正規の登録業者から借りるようにしてください。たとえお金に困っているときでも、違法の賃金業者である闇金は、利用しないようにしましょう。

闇金からお金を借りなくても、金銭面での負担を減らすことはできないか、あらためて確認してみてください。例えば、複数社から借りてしまって返済が苦しい場合には、金融会社が提供している借金を一本化するサービスを利用すれば、返済が楽になることもあります。また、民間業者以外の公的借入制度が利用できないかどうかも検討してみましょう。

なお、どうしても借金の返済に困ってしまった場合、新たに借入をして返済するのではなく、債務整理をした方が良い場合があります。債務整理には、今後の金利をなくす「任意整理」、借金の減額をしてもらう「民事再生」、債務を免除してもらう「自己破産」といった方法があります。自分に合った債務整理の方法を選べば、借金の悩みをスッキリ解決することもできるでしょう。

闇金被害に遭った際の対処法はありますが、解決までに時間がかかり、その間に被害がどんどん大きくなってしまうということも考えられます。そのため、闇金にはなるべく関わらないようにしましょう。

記事一覧



コンテンツ一覧

  • はじめて講座
  • カードローン診断
  • ATM・店舗検索
  • よくある質問集