こんなにある! 闇金のさまざまな手口について | 今すぐ借りる!カードローン.com

今からスマホ申し込みで最短朝一融資可能も!

こんなにある! 闇金のさまざまな手口について

闇金は巧妙な手口でお金の貸付を行っているため、自分は闇金に引っかかることはないと思っていても、うっかり闇金と関わってしまうこともあるかもしれません。今回は、よく使われている闇金の貸付の手口をご紹介します。

闇金業者にはどんな種類がある?

闇金業者の中にはさまざまな種類があり、それぞれ違った手口を使っています。以下で、闇金にはどのような業者があるのかご紹介します。

090金融
090金融とは、事務所や固定電話を持っておらず、090で始まる携帯電話で連絡をとる貸金業者のことです。090金融は、電柱に貼ったチラシやダイレクトメールなどで勧誘を行い、5万円程度の小口の貸付を行うケースが多いです。連絡先の携帯電話はプリペイド式の場合が多く、違法行為をしていても摘発が困難な場合も少なくありません。

チケット金融
チケット金融は、高速道路のチケットや新幹線の回数券などを渡して、金券ショップで換金させる形でお金を融資する業者です。チケットショップでの換金率は約80%ですが、1週間後に額面どおりの金額を返済しなければなりませんから、1週間で約20%の利息を払うことになるでしょう。年利にすれば約1000%という非常に高金利な貸付になります。

システム金融
システム金融は、主に中小企業に対してFAXやダイレクトメールで勧誘を行い、手形や小切手を郵送して、それを担保に融資をする貸金業者です。システム金融業者同士で顧客情報を交換しあっており、手形や小切手の支払期日になると別の業者が勧誘してくるという仕組みになっています。

押し貸し金融
押し貸し金融とは、頼んでもいないのに勝手に銀行口座にお金を振り込み、高金利の利息を付けた返済を迫る貸金業者です。過去に別の闇金から借りた際の顧客情報を利用して振り込んでくるケースのほか、インターネットに公開している口座情報を見て振り込んでくるケースもあります。

リース金融
リース金融業者は、お金に困っている人から車や家具などを買い取る契約をし、売買代金を支払う形で現金を融資します。そして、買い取った品物はそのままリースして使わせるという名目で、毎月リース料を徴収します。リース料は実質、高い金利の利息ということになります。

金貨金融
金貨金融は、金貨販売と称して債務者に後払いで金貨を購入させ、それを別の店で換金させる形で融資を行う業者です。債務者が現金化の際に受け取る金額は、購入した代金よりも低くなっており、結果的に高金利を払わなければならないことになります。

クレジットカードに関する手口とは?

闇金はクレジットカードのショッピング枠の現金化という方法で融資を行うこともあり、その方法には大きく分けて2つのパターンがあります。

1つは、クレジットカードで購入させた商品を買い取る形のものですが、多くの場合、買い取り額は相場よりもかなり低くなっています。もう1つは、クレジットカードでほとんど価値のないものを購入させて、キャッシュバックという形で現金を支払うというものです。

どちらもすぐに現金を手にすることはできますが、結局はクレジットカード会社に高額な代金を支払わなければならなくなります。

いま話題になっている「ソフト闇金」とは?

ソフト闇金とは、従来の闇金に比べて金利が低めになっている闇金業者です。ソフト闇金は、一般的な闇金にイメージされるような暴力的な取り立ても行わないことがほとんどです。そのため、闇金に抵抗がある人でも借りやすくなっています。

けれど、ソフト闇金と言っても、通常の闇金と同じ違法業者であり、法律で定められた金利の上限を超えた貸付を行っています。たとえ返済を待ってくれたとしても、高金利の利息を延々と払い続けなければならないことになってしまいますから、注意が必要です。

闇金はさまざま手口で消費者を惑わそうとしています。ちょっとでも怪しいと思ったら、闇金ではないかと疑ってみた方が良いでしょう。どうしてもお金が必要な場合には、闇金には決して手を出さず、消費者金融の合法的な貸金業者で借りるようにしましょう。

記事一覧



コンテンツ一覧

  • はじめて講座
  • カードローン診断
  • ATM・店舗検索
  • よくある質問集