消費者金融から借りたお金を返さないでいるとどうなるの? | 今すぐ借りる!カードローン.com

今からスマホ申し込みで最短朝一融資可能も!

消費者金融から借りたお金を返さないでいるとどうなるの?

消費者金融から借りたお金を延滞した場合、大抵は書面で督促がくるでしょう。このとき、督促を無視して支払わないまま放置すれば、やがて裁判所に支払い督促を申し立てられ、給与差押などの強制執行をされることもあります。

今回は、消費者金融から借りたお金の返済についてご説明します。

消費者金融で返済が遅れてしまった場合はどうなる?

消費者金融でお金を借りた場合、毎月の返済日までに銀行やATMなどから入金するという形で、返済するケースが多いです。

もし返済日までにお金を返済できなければ、延滞ということになり、その後は遅延損害金として延滞利息がかかることになります。延滞利息は通常の利息より高い利率になりますから、延滞すれば借金がそれだけ膨らんでしまうということになるでしょう。

消費者金融から借りたお金を返さないままにするとどうなる?

消費者金融で借りたお金を何も連絡せずに延滞してしまった場合、まずは書面で督促がくるのが一般的です。その後も督促を無視して支払わない状態が続くと、返済を迫る電話がかかってくることもあります。基本的に電話は本人の携帯電話や自宅の固定電話にかかってきますが、もしもそれを無視すれば職場にかかってくる場合もあるようです。

借金を返さずに放置していれば、「貸金業者が自宅まで取り立てにくるのでは?」と心配な方もいるのではないでしょうか。昼間の訪問自体は違法ではありませんから、貸金業者が絶対に家に取り立てに来ないという保証はありません。

けれど、大手消費者金融では、実際に訪問しての取り立てというのはほとんど行っていないと言われています。正規の貸金業者であれば、こちらの意に反して訪問してくるようなことは、ないと思っても良いでしょう。

借金を返さずに放置すればやがて強制執行されることがある

大手消費者金融の場合、延滞により回収が困難になった債権は、子会社である債権回収会社(サービサー)に譲渡されるのが一般的です。

債権譲渡された後は債権回収会社が取り立て業務を行いますが、債権回収会社が書面による通知や、電話による督促を行っても債権回収が困難な場合には、裁判所に支払い督促を申し立てることになります。なお、債権が債権回収会社に譲渡されなかった場合には、消費者金融が申し立てをすることになります。

債権者である消費者金融や債権回収会社が、裁判で勝訴判決や仮執行宣言付きの支払い督促を得てしまえば、それが債務名義(強制執行で実行される予定となる、請求権の存在や範囲などを証明する文書)となりますから、強制執行も可能になります。たとえ債務者に財産がなくても、毎月安定した収入があれば、給与の差押をされることになります。

消費者金融から借りたお金を時効にするのは可能なのか?

消費者金融から借りたお金は、商事債権なので時効は5年ということになります(商法522条)。こう聞くと、消費者金融から借りたお金は、払わずに放置しておけば、やがて時効が来て、支払い義務を免除されるのでは? と考える方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、この時効は債権者が請求や催促などの行為をすることで、中断することができるようになっています。ほとんどの消費者金融は、時効がくる前に請求や催促を繰り返し行うため、実際には時効になることは中々ないようです。

もし、消費者金融が訴訟や支払督促の手続きをして債務名義を得た場合は、時効がそこから10年延長される上に、給与の差押をされる可能性もあります。そのため、借金を踏み倒すことはほぼ不可能と言えるでしょう。そのため、借金の返済ができなくなった場合は、返済をするための対策を考え直す必要があるでしょう。

お金がなくて困ったときは、深く考えずに借入れをしてはいけません。借りたお金は、必ず返さなければならないのです。消費者金融から借入れをするときには、本当に返済できるかを考えて、無理のない範囲での借入れに留めるようにしましょう。

記事一覧



コンテンツ一覧

  • はじめて講座
  • カードローン診断
  • ATM・店舗検索
  • よくある質問集