多重債務を一本化するメリット、デメリット | 今すぐ借りる!カードローン.com

今からスマホ申し込みで最短朝一融資可能も!

多重債務を一本化するメリット、デメリット

複数の貸金業者からの借金は、別の金融機関から借り換えすることにより、一本化することができます。多重債務を一本化すれば毎月の返済が楽になることは多いですが、支払う利息の額は増えることもあります。多重債務を一本化する際のメリットやデメリットについて知っておき、よく考えて選択するようにしましょう。

借り換えを行うことにより多重債務を一本化する方法がある

消費者金融などの高金利の貸金業者から複数借入れをして多重債務となっている場合に、多重債務を一本化すれば支払いが楽になることがあります。例えば、低金利の銀行からお金を借り入れ、それで各貸金業者への借金を完済すれば、借金は銀行に対するもののみとなります。

銀行や銀行系消費者金融では、多重債務の一本化を目的とした融資を行っています。こうした融資は「おまとめローン」と呼ばれています。

多重債務を一本化すれば毎月の返済の負担は軽くなる

おまとめローンを使って多重債務を一本化すれば、毎月の返済管理が楽になります。支払いが月1回ですむため、複数の貸金業者から借入れしている場合のように、各社の支払日が来るたびにビクビクするということがありません。

また、おまとめローンで借り換えをすれば、毎月の合計返済額を減らすことができます。おまとめローンの金利は消費者金融の金利より低く設定されているため、高金利を払わなければならないという不安もなくなります。

多重債務の一本化にはデメリットもあるので注意

多重債務者にとっては、おまとめローンで借金を一本化すれば一見良いことばかりのように思えますが、一本化にはデメリットもあります。

まず、多重債務を一本化する場合、毎月の返済額を減らすことがほとんどですから、完済までの期間が長くなってしまいます。返済期間が長くなれば、その分利息も払わなければなりませんから、利息が逆に膨らんでしまうこともあるということです。

また、借り換えの際には消費者金融などの借金を完済する必要がありますが、この場合には契約時の利息での返済を行わなければなりません。任意整理を行えば利息制限法を超えて払った利息は過払い金として処理できますが、借り換えの場合には過払い金として処理するわけにはいきませんから、一旦そのままの金利で全額返済しなければいけないことになります。

さらに、多重債務者にありがちなのが、借金を一本化して毎月の返済が楽になったため、また別の貸金業者から借りてしまうことです。多重債務を一本化しても、債務整理と違ってブラックになることもありませんから、他社からの借入れは可能です。意志が弱ければ、結局また多重債務者になってしまうリスクもあるということです。

多重債務の一本化をするならおまとめローンを申し込む

多重債務を一本化したい場合には、まずおまとめローンの申し込みをしなければなりません。おまとめローンといえども当然審査がありますから、審査に通らなければ融資が受けられません。おまとめローンの審査は通常のキャッシングの審査より厳しくなっており、簡単に審査に通らないこともあります。

審査に通って契約が成立すれば、お金を融資してもらえます。受け取ったお金はすぐに各社の返済にまわし、融資を受けた金融機関には完済した旨の証明書を提出することになります。

多重債務を一本化するときには、メリットとデメリットをよく考えて選択しましょう。借金を一本化するよりも、債務整理をした方が良い場合もあります。なお、おまとめローンと偽って勧誘をしてくる悪徳業者もいます。おまとめローンを利用するときには、こうした悪徳業者に引っかからないようによく調べてからにしましょう。

記事一覧



コンテンツ一覧

  • はじめて講座
  • カードローン診断
  • ATM・店舗検索
  • よくある質問集