今からスマホ申し込みで最短朝一融資可能も!

始める前に知っておこう。カードローンのメリットとデメリット

はじめてカードローンを利用する時は不安もあるものですが、カードローンの内容をきちっと知っておけば、特に心配はありません。そこで今回は、カードローンのメリットとデメリットを整理してみました。

カードローンのメリット

カードローンのメリットとしては、銀行の融資などと比べ気軽に借りられるということです。クレジットカードをもっていれば、通常カードローン機能が付帯されているので、借りたいときにすぐ借りられます。

クレジットカードを持っていない場合でも、消費者金融の審査スピードは早いので、即日融資が可能だったりします。担保や保証人は必要なく、運転免許証などの本人確認書類と、50万円を超える場合には源泉徴収票や納税通知書などの収入証明が必要になるくらいです。急にお金が必要になったとき、銀行のATMに行けば現金を受け取れるので、非常に利便性が高いというメリットがあります。

また、カードローンの利息計算は、日割りとなっているため、すぐに返済できる場合には、銀行の時間外手数料を支払って自分のお金を引き出すよりも、安く済む場合があります。 さらに、今どうしても欲しい物がある場合に、翌月までまたずに商品を購入できます。

カードローンのデメリット

デメリットとしては、銀行等の融資と比べて金利が高いことです。カードローンは使途を限定しないローンなので、使途を限定した住宅ローンや自動車ローンに比べてリスクが高いので金利が高くなります。金利負担は、長期かつ多額の場合に影響が大きいので、自動車や家などの高額商品を買う場合には、銀行の融資をまずは検討してみるとよいでしょう。

また、カードローンは簡単にお金を借りられるため、借入額が雪ダルマ式に膨れ上がってしまう可能性があるという点もデメリットです。単にお金が足りないということで無計画にカードローンを利用していると、借金が膨らむだけでなく、返済が滞ってしまうかもしれません。

そうすると、信用情報機関(ブラックリスト)に記録が残ってしまいます。信用情報機関に事故歴が残ると一定期間新たな借入れができなくなり、最悪の場合には、破産や民事再生といった法的手続になるなど、社会的な信用を失ってしまう可能性があります。

カードローンのかしこい利用方法は?

カードローンには、メリットとデメリットがあるので、それをよく理解して利用することが大事になります。 具体的には、金利が高く、返済が滞るリスクがあるので、短期間借りて早めに返済することがポイントです。短期間で早めに返済すれば金利負担は少ないので、急の出費やレジャーの出費などうまく活用すれば、豊かな生活をおくることができます。

以上のとおり、カードローンはとても便利なものですが、反面無計画に借入れを繰り返すと、借金が膨れあがり、返済が困難に陥る可能性があります。したがって、申し込む前に返済計画をたてるなど、しっかり返済できることを確認した上で、カードローンを利用することが重要です。

記事一覧



コンテンツ一覧

  • はじめて講座
  • カードローン診断
  • ATM・店舗検索
  • よくある質問集