キャッシングの限度額を上げる方法 | 今すぐ借りる!カードローン.com

今からスマホ申し込みで最短朝一融資可能も!

キャッシングの限度額を上げる方法

消費者金融などの貸金業者でキャッシングの申込みをしたときには、必ず融資の限度額が設定されます。また、申込時の限度額はずっとそのままというわけではなく、増額できることもあります。キャッシングの限度額が上がるしくみについて知っておきましょう。

キャッシングの申込みをすれば限度額が設定される

キャッシングの限度額とは、その業者が融資してくれる上限の額です。貸金業者もいくらでもお金を貸してくれるわけではなく、その人の返済能力を考えて回収可能と思われる分しか貸してくれません。

キャッシングの場合には、申込時にカードが発行され、そのカードを使って簡単に追加の借入ができます。そして、借入残高が限度額の範囲内であれば、何度でも借入ができるしくみになっています。

限度額はキャッシングの申込みをした時点で、申込者の信用情報をもとに決められます。と言っても、申込時には本当にその人が貸したお金を返してくれる人か貸金業者も判断しかねますから、初回の限度額は低めに設定されるのが一般的で、たいてい50万円以下となっています。なお、限度額はずっと同じではなく、利用実績に応じて変わっていきます。

キャッシングの限度額をもっと上げてもらうことはできる?

キャッシングを利用しているうちに、もっと借入したいから限度額を上げて欲しいと思うこともあるでしょう。貸金業者に限度額を上げてもらう際には、必ず審査が入ります。

限度額の増枠では、総量規制の範囲内かということももちろん審査されますが、それ以外では申込日以降の利用状況がポイントになります。限度額を上げるには、約束どおりの返済をきちんと行ってきたという実績を作ることがいちばん大事です。返済の実績としては、少なくとも6カ月以上が必要になります。

なお、返済実績を作るために、他社から借りて返済を行うと、逆に信用度が下がることになります。自社の返済が行われていても、他社借入が増えていると、審査には通りにくくなります。他社の利用状況は信用情報機関を通してすぐにわかりますから、ごまかしもききません。

また、住所や勤務先の変更等があったのに、きちんと届出を行っていなければ信用されませんから、こうした届出も怠らないようにしましょう。

キャッシング限度額は勝手に上げてくれることもある

既にきちんと返済している実績があれば、こちらから交渉するまでもなく、貸金業者の方から限度額を上げてくれます。貸金業者はお金を借りて利息を得るのが商売ですから、約束どおりきちんと返してくれる優良顧客にはどんどんお金を貸したいのです。

申込日以降、約束どおりの返済をきちんと続ければ、半年を過ぎたあたりから電話やメールなどで限度額の増額の案内がありますから、それを待っていれば勝手に増枠されることになります。

キャッシングの限度額が高ければリスクも大きくなる

キャッシングの限度額が上がると、自分がうっかり借り過ぎてしまうというリスクがあります。借金をむやみに増やさないためには、限度額はできるだけ低い方がいいのです。

また、限度額が大きければ、カードを紛失するなどして不正利用された場合に、被害額も大きくなってしまいます。限度額に限らず、カードの取り扱いには十分気を付けることが大切です。

キャッシングの限度額の増額審査に通過するハードルは低くはありません。一時的にお金が欲しいのであれば、敢えて限度額増額を試みるより、ほかの金融機関から借入れした方が良いこともあります。限度額増額以外の方法がないかどうか検討してみましょう。

記事一覧



コンテンツ一覧

  • はじめて講座
  • カードローン診断
  • ATM・店舗検索
  • よくある質問集