キャッシングに時効はあるの?借金の消滅時効について | 今すぐ借りる!カードローン.com

今からスマホ申し込みで最短朝一融資可能も!

キャッシングに時効はあるの?借金の消滅時効について

キャッシングで借りたお金の返済が困難な場合、「放っておいたら時効にならないか?」と考える人もいるかもしれません。キャッシングにも時効はあるにはあります。けれど、キャッシングの借金を時効で消滅させるということは簡単にはできません。キャッシングの時効について知っておきましょう。

キャッシングで貸金業者から借りたお金の時効は5年

借金をした場合には、返済する義務があります。けれど、借金には時効があり、時効になった借金は返さなくて良いというのは多くの人が知っていることと思います。

民法に規定されている借金の時効は、原則として10年です。キャッシングで借りたお金も借金ですから時効はありますが、キャッシングの時効は10年ではありません。キャッシングの場合には消費者金融などの貸金業者が債権者ですから、商法上の商事債権の時効が適用され、5年で時効ということになります。

キャッシングの返済を一度も行わなかった場合には、最初の返済期日から5年経過で時効になります。何度か返済を行っている場合には、最後の返済日から5年で時効になります。

貸金業者が支払いを請求すれば時効は中断する

キャッシングの時効が5年と聞くと、返済ができなくても、そのまま5年が経過すれば返済義務を免れるのではないかと思う人もいるかもしれません。けれど、実際にはそんなに簡単に時効になりません。

時効というのは、いろいろな理由で中断します。中断すれば、それまでの時効の進行がリセットされ、またゼロに戻ります。

例えば、貸金業者が返済を催促すれば、それで時効は中断します。なお、時効を中断させるためには、単に口頭や書面で催促しただけではダメで、裁判所で支払督促などの手続をとる必要があります。貸金業者もみすみす債権を放棄したりはしませんから、時効を中断させるために、必ず手続を行います。

また、こちらから借金の存在を認めるような行為をしても、時効は中断します。たとえば、督促の電話に出てしまえば、それで借金の存在を認めたことになりますから、時効は中断します。借金の一部を返済したり、返済の相談をしたりしても、時効は中断します。 いずれにしろ、時効まで何事もなく逃げ切れるということはそうそうないのです。

キャッシングの時効が成立してもブラックリストには載ったまま

キャッシングの返済を延滞すれば、信用情報機関に事故情報として登録され、ブラックリストに載ることになります。仮に借金が時効になったとしても、その後も信用情報機関に事故情報は残りますから、新規の借入ができません。同じ会社は二度と貸してくれないでしょうし、他社でもカードを作ったりローンを組んだりするのが難しくなります。

キャッシングで借りたお金には一応時効がありますが、時効にできることはそうそうありません。キャッシングで借りたお金を返済せずに済ませようと考えてはいけません。借りたものはきちんと返す、返せないものは借りないということをしっかり意識しましょう。

記事一覧



コンテンツ一覧

  • はじめて講座
  • カードローン診断
  • ATM・店舗検索
  • よくある質問集