今からスマホ申し込みで最短朝一融資可能も!

キャッシングの種類について

キャッシングは、一般的に借り入れたお金を翌月に一括で返済する形態の融資をいいますが、広義では、カードローンも含めてお金を借りられるカードという意味でも使われます。そこで、今回は広義の意味のキャッシングの種類について解説していきます。

キャッシングの種類

キャッシングの種類としては、対象・目的による分類として、個人向けキャッシング法人向けキャッシングがあります。また、借入先による分類として消費者金融のキャッシング銀行のキャッシングクレジットカードのキャッシングがあります。以下、それぞれ説明していきます。

個人向けか法人向けかの違いによるキャッシングの種類

・個人向けキャッシング

最も一般的なキャッシングです。限度額は10万円~100万円に設定され、消費者金融や銀行のCD(キャッシュディスペンサー)やATMから現金を引き出すころが可能です。なお、新たな借入れを行う際、1社からの借入残高・極度額が50万円を超える場合、または数社からの借入残高・極度額が100万円を超える場合、収入を証明する書面の提出が必要になります。 保証人や不動産などの担保は必要ないものがほとんどですが、金利は8?18%前後と高めに設定されています。

・法人向けキャッシング

かつては商工ローンと呼ばれるものでしたが、最近はビジネスローンと呼ばれることが多くなりました。個人事業主や法人を専門にした会社もありますが、個人に対してキャッシングを行う消費者金融やクレジット会社も、事業者向けにローンを行うようになってきています。 事業者用ローンの場合には、限度額が50万~数千万円と高額に設定されるのが特徴です。金額が大きい分、個人よりも若干金利が低めに設定されることもありますが、基本的には8?18%となっています。ただ、事業者用ローンの場合には、代表者やその家族などを連帯保証人にする、自宅などの不動産を担保とするといったことを要求されます。

借り入れ先の違いによるキャッシングの種類

・消費者金融

消費者金融のキャッシングのメリットは、融資実行までのスピードが早いということがあります。金融機関によっては、即日融資が可能です。消費者金融がキャッシングを行う場合、限度額は10~50万円と比較的少額に限定されており、適用金利は8~18%前後です。基本的に保証人や不動産などの担保の提供は必要なく、申込みが簡単です。

・銀行カードローン

銀行カードローンのメリットは、消費者金融などに比べて金利が4%?15%と低いことです。審査は消費者金融に比べて厳格で時間もかかりますが、最近では提携先の貸金業者を保証会社とすることで、迅速に審査できるようになってきています。 地方銀行はもちろん、都市銀行でも積極的に個人向け融資に力を入れています。銀行のキャッシングは、他の貸金業者によるキャッシングに比べ、限度額が30~500万円と高額の傾向にあります。

・クレジットカード

クレジットカードのメリットは利用可能なATMが多いということです。クレジット会社が設置するキャッシュディスペンサーはもちろん、銀行のATMでも借入れすることができます。

また、すでにショッピングのためにクレジットカードを持っている場合には、そのままキャッシング機能もついているので、新たな申込みをしなくても気軽に融資を受けることができるのもメリットといえます。

クレジットカードの利用限度額は、10~200万円と比較的少額に限定されており、適用金利も15~20%前後と高く設定されています。保証人や不動産などの担保の提供は必要ないのが、一般です。主たる目的がショッピングなので、定職があれば審査は比較的緩やかです。

以上、キャッシングの種類についてまとめてみました。一時的に借りるのか、長期的に借りるのか、金額は多いのか少ないのかに応じて、それぞれの特徴を見ながら、選択することが大事になります。

記事一覧



コンテンツ一覧

  • はじめて講座
  • カードローン診断
  • ATM・店舗検索
  • よくある質問集