今からスマホ申し込みで最短朝一融資可能も!

キャッシングの手続きの流れ

キャッシングとは、消費者金融から小口の融資を受けて、分割、もしくは一括で返済をすることを意味します。キャッシング=借金ということで、怖いイメージを持ち利用をためらっている方も多いかもしれません。

しかし最近は、法律の整備や各社サービスの質向上などによって安心して申し込める体制が整い、キャッシングも利用しやすくなってきています。ここでは、もしも融資が必要になったとき、消費者金融への申込から融資を受けるまでの一般的な流れを解説していきます。

申し込みから融資まで ? キャッシングにおける手続きの流れ

キャッシングの契約にあたっては、以下のような順序で手続きを進めていくことになります。

1.消費者金融への申し込みと審査

まず、キャッシングをしてもらう各社へ申し込みをします。窓口や自動契約機、電話、またはネットで行います。
申し込みにあたって必要になるものは、免許証や健康保険証などの本人確認書類。借り入れる金額が大きい場合などには、収入証明書類が必要になる場合もあります。
申し込み自体は簡単な情報を入力するだけでOKです。
申し込みが終わったら、次は貸付業者側からの審査が入ります。この審査では、収入が安定しているか、ローンや返済状況などの信用歴、勤続年数や役職などの労働情報などがチェックされます。

2.本人確認書類の提出

免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類を消費者金融に提出します。
Webサイトからの申し込みに関しては、免許証番号などの入力か、書類をカメラで撮影したり、スキャンした画像をメールで送付する形でOKのところが多いです。
郵送でも可能ですし、窓口や自動契約機を利用する場合は、本人確認書類を持参します。

3.在籍確認の電話

貸付業者側からの審査の際に、本人がきちんと会社に勤めているか、確認の連絡がきます。
働いている会社に直接電話がかかってくることになりますが、消費者金融の名前を名乗ってくることはまずありません。普通は個人名でかけてきます。
同僚にバレてしまうかも……と心配にもなりますが、クレジットカードを作るときにもこういった在籍確認の電話はありますし、そこまで気にすることはないでしょう。

4.キャッシングの契約から融資まで

在籍確認や審査が終われば契約はほとんど完了です。あとは、キャッシングカードを受け取り、ATMで直接お金を引き出すか、指定の銀行口座への振り込みを依頼することになります。
以上が、キャッシングで借り入れ完了するまでの全体の流れです。Webサイトからの申込、窓口での契約、自動契約機の利用など、申し込みには色々な手段が用意されています。
Webサイトからの申込であれば、事前に契約内容や返済プランについて(返済シミュレーションなども利用しておくと良いでしょう)よく確認しておけますし、手続きも簡単です。その際には、安心して申し込める大手の消費者金融を選ぶようにしましょう。
また、この後にはもちろん返済という大事な手続きがあることも忘れてはいけません。返済プランをきちんと立てた上で申し込みましょう。

記事一覧



コンテンツ一覧

  • はじめて講座
  • カードローン診断
  • ATM・店舗検索
  • よくある質問集