今からスマホ申し込みで最短朝一融資可能も!

カードローン審査が通らない?通らない理由と対策について

カードローンに申し込んだものの、カードローン審査が通らないということもあります。カードローン審査が通らない理由は何か、また審査に通るためにはどのような対策が必要なのかについて解説していきます。

カードローン審査の内容は?

カードローンの審査は、年収だけでなく、勤続年数や借入れ状況、職業の内容、過去の返済実績など総合的に判断されます。したがって、同じ年収でも審査に通る人と通らない人がいるわけです。
また、会社によっても審査基準が違うため、ある会社のカードローンの審査に落ちたとしても、他の会社のカードローン審査には通ることはありえます。今は、「与信スコアリング」といって、データを入れると点数化して融資が可能か否か、融資できるとしていくらまでなら貸し出せるかを算定することができます。

カードローンの審査が通らない理由

カードローン審査が通らない理由としては、ブラックリストに入っているということが考えられます。
ブラックリストという名称のものが実際に存在するわけではありませんが、クレジットカードを作ったり、融資を受けた場合には、顧客情報が「信用情報機関」に登録され、ある返済が滞ったり、破産などが生じた場合には、事故情報として登録されてしまいます。
この事故情報があると審査は通りません。また、事故情報がなくても、短期間にいくつものクレジットカードやカードローンを申し込んだ場合にも、借り回しとして審査に通らないことがあります。
その他、他社からすでに高額の借入れがある場合にも、よほど返済能力が高くないと審査を通ることは難しくなります。

審査に通るための対策

審査に通るためには、審査でどこが評価されているかを知る必要があります。
勤務先のランクは、公務員、大手企業、中小企業、アルバイトの順に高くなります。雇用形態は、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイトの順に高くなります。勤続年数、居住年数は長いほど良く、同居している人がいる方が有利になります。
すでにクレジットカードやカードローンを利用している場合には、返済の延滞をしない、適度に借りてきちんと返すなど実績を積むことが大切です。全くローンを使ったことがない人よりも、過去に使ったことがありしっかり返済している人が好まれます。それは、新規の顧客は未知数で怖いということがあり、ローン会社もある程度借りてもらわなければ商売にならないので、一定程度借りて、確実に返済してくれる顧客を探しているからです。
なお、審査に落ちたけれども、どうしてもお金が必要という場合には、少し時間をおいて他の会社から借りるのも一つの手です。審査基準は会社により異なるので、1社がダメでも他の会社は通る可能性があるからです。ただ、あまりにも手当たり次第に申込みをすると借り回しあるいは他社では審査に落とされていると判断されるので、注意しましょう。
以上、カードローンが通らない場合の対策について述べてきました。適度に借りて、確実に返済することが信用を得る上で大事なことなので、このことだけは守るようにしましょう。

記事一覧



コンテンツ一覧

  • はじめて講座
  • カードローン診断
  • ATM・店舗検索
  • よくある質問集