今からスマホ申し込みで最短朝一融資可能も!

カードローンを行う際の必要な書類と条件

カードローンをはじめてする場合、どのような書類を準備すればよいのか心配な方もいると思います。そこで今回は、カードローンを申し込む場合の必要書類について解説します。

借り入れにあたって必要な条件

申し込む前に、カードローンを利用するにあたり、必要な条件を確認しておきましょう。今回は一般的な条件についてご紹介しますが、会社によっても異なるので、実際に申し込む場合には申し込む会社の条件を確認した上で申し込むようにしてください。

年齢は、20歳から69歳までで、本人に安定した収入があることが条件になります。主婦や学生でも安定した収入があれば申し込むことは可能です。収入金額について明確な基準はありませんが、ノンバンクの場合には、総量規制があるので、借入総額は、年収の3分の1に制限されます。したがって、50万円借りる場合には、最低でも150万円の年収が必要になります。

カードローンを申し込む場合には、どんな書類が必要か

カードローンを申し込む場合には、本人かどうか確認する必要があるので、本人確認資料の提出が必要になります。具体的には、運転免許証、パスポート、健康保険証などが必要になりますが、最近ではインターネットでの申込時に免許証の番号を入力するだけで簡略化できる金融機関もあります。

借入金額が50万円を超える場合、または、すでに他社で借入れをしていて、今回の借り入れにより100万円を超える場合には、収入を証明する書類が必要です。具体的には、最新の源泉徴収票、最新の確定申告書、給与明細書のいずれかになります。
また、税金や社会保険料の滞納がないか調べるため、会社によっては、国税・地方税を支払った領収証、納税証明書、社会保険料の領収書が必要になる場合があります。さらに、在籍確認は、電話によりなされることが多いのですが、社員証の写し、会社の健康保険証の写し、直近の給与明細の写しを求められる場合もあります。

本人確認の書類に記載の住所が、現在の住所と異なる場合

例えば、運転免許証の住所が古いままであるなど、現在の住所と異なる場合には、現在の住所を確認しなければなりませんので、公共料金の領収書(ガス・電気・水道・NTTなど)、住民票の写し、印鑑証明書などが必要です。

申込みの方法

申込みの方法としては、店頭(無人機械も含む)、郵送、電話、インターネットがあります。店舗での窓口対応の場合は書類を確認しながら進行するので確実ですが、店舗に行かなければならない点で不便です。

郵送、電話、インターネットは簡単ですが、本人確認として電話があり、書類の不備があると時間がかかってしまうというデメリットがあります。もっとも、ネットでも即日融資が可能なところもあるので、どの手段が適切か見比べて考えるようにしてください。

以上、カードローンを行う場合に必要な書類と条件について解説してきましたが、ノンバンク以外の銀行系のカードローンの場合には総量規制の対象外なので、年収の3分の1という制限はありません。自分が条件を満たすのか確認のうえ、ノンバンクにするか銀行系にするか決めると良いと思います。

記事一覧



コンテンツ一覧

  • はじめて講座
  • カードローン診断
  • ATM・店舗検索
  • よくある質問集