今からスマホ申し込みで最短朝一融資可能も!

キャッシング会社を選ぶ際のポイント

キャッシングを申し込もうと思った場合に、どのキャッシング会社にするか迷うと思います。そこで今回は、キャッシング会社の選び方について解説していきます。

金利、限度額から選ぶ方法について

金利と限度額から選ぶ方法ですが、金利はもちろん低い方が良いに決まっています。しかし、短期間に返済が可能な場合には、金利よりも手続きの簡単さが重要だったりもするので、一要素と考えてください。

また、金利といっても、日歩(ひぶ)、月利(げつり)、年利(ねんり)という分類があり、間違わないようにしなければなりません。日歩というのは、1日あたりの利息。月利は1カ月あたりの利息で、年利は1年間あたりの利息です。一般的に、年利18%などと表示されることが多いのですが、月利や日歩もあるので注意しましょう。

限度額についても会社により異なるので、自分が借りたい金額を貸してもらえるか確認する必要があります。ただ、融資可能額と実際に融資できる額とは違うので、審査の難易度も勘案して選ぶようにする必要があります。具体的には、銀行系の方が利用限度額は大きいのですが、審査はノンバンクよりも厳しいので、自分の信用度からどちらが有利なのか判断する必要があります。

返済方法から選ぶ方法について

返済方法としては、翌月一括払いで返済できるのか、それとも分割で返済したのかにより分類されます。

前者の場合、クレジットカードに付帯していることも多いので、手続きなしに融資を受けられる可能性があります。一方、分割払いということだと、ローンになります。これもクレジットカードに付帯していることがあるので、まずはそれを確認しましょう。付帯していない、あるいは、より良い条件で探す場合には、金利や返済方法から選択することになります。

返済方法としては、元利均等返済、元金均等返済、元金自由返済があります。
元利均等返済とは、月々の返済額が一定額の返済方式です。支払額が一定なので計画が立てやすいというメリットがあります。ただ、 毎月の返済額のうち返済当初は利息の負担が大きく、元金がなかなか減らないというデメリットがあります。住宅ローンに多くみられます。

元金均等返済は、借入元金を返済回数で割った額に、利息を足して支払う返済方式です。元金が早期に返済されるというメリットがありますが、返済当初の利息負担が多くなるというデメリットがありあます。

元金自由返済は、一定額の利息は必ず支払い、 任意で元金を支払う返済方式です。返済が自由であるだけに計画的に返済しないといつまでたっても元金が減らないということもありえます。

借入期間から選ぶ方法について

・返済日を収入がある日の数日後に設定する。

借入期間が長期の場合には、金利の負担が大きくなるので、金利が低い銀行系のキャッシングを利用することをおすすめします。逆に、短期間であれば、金利は高くとも利息が日割り計算である消費者金融系が有利ということになります。

以上、キャッシング会社の選び方について解説してきましたが、会社ごとに特徴は異なります。どの会社も一長一短があるので、上記内容を参考に自分のニーズとマッチしているキャッシング会社を選択するようにしてください。

記事一覧



コンテンツ一覧

  • はじめて講座
  • カードローン診断
  • ATM・店舗検索
  • よくある質問集